タイトル ヒコウジョウ.png
街とと.png
機のジャンボ旅客機が着陸態勢に入りました。するとパイロットの目がみるみる大きくなっていきます。どうやらこれから先は、経験がものをいう世界ではないようです。操縦桿を固く握りしめるパイロットの汗ばんだ手がそれを雄弁に物語っています。しかし、多くの乗客の命を預かっている身としては、一刻の猶予も許されません。責任を持って、安全な場所へと導いていく立場なのですから。そうこうしている間も、さらに大きく見開かれたパイロットの両目のように、その得体の知れない飛行場がしだいに眼下に迫ってくるのでした。